×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

環境教育とは

環境教育という言葉をあなたはお聞きになったことがあるでしょうか。今地球は、温暖化や自然破壊などの環境問題が年々深刻化していっています。環境教育とは、実際に今地球がどういう状態なのか、環境を保全していくためにはどうすればよいのか、に焦点をあて考えるものです。環境に与える企業の影響や、地域、家庭、個人が環境教育のためにどんな取り組みをするべきなのか。こういった明らかな環境問題に対する興味や関心を獲得させるのが環境教育の狙いなんです。地球規模ではちょっと考えにくいという方は、自分たちの子や孫が住みよい街にするにはどうすればいいだろうかということを考えてみてください。都市や生活型公害問題と環境教育。一人ひとりが環境にやさしい暮らしを常日意識しているだけで結果は全然違ってくるとわたしは信じます。そのために必要なのが環境教育なのです  

環境教育 企業

環境教育と企業の関係はどうなんでしょう。今はたくさんの企業が、環境に配慮した製品を出していますね。というのもやはり消費者が環境に配慮した自動車や無農薬の野菜などを支持し、その影響力が無視出来ないほど大きくなってきたからです。企業にとって環境問題と環境教育というのは、もはや避けては通れないミッションなのです。おそらく発端となったのは2003年の議員立法「環境保全活動・環境教育推進法」であるといわれています。環境教育推進法の設立を皮切りに、地域社会への環境情報の公開や、従業員に対する環境教育を熱心にする企業が急増しました。製造業系の企業の中には、自社工場を一般人も見学OKにし、自社の環境教育への取り組みをアピールしている会社もすくなくありません。さらにウェブ上に自社のサイトを公開して環境教育に関する解説情報を提供する取り組みも見られます。

スポンサードリンク

環境教育の重要性

環境教育の重要性が再び見直されてきているようです。地球の未来はあなたの手の中にあるといっても過言ではない。これはけして大げさな表現ではなく、文字どおりそうだといえます。環境庁環境教育によればいずれ地球は、森林の40%、そして砂浜の約80%が水没し、 合計15600haが浸食されたり海に沈むと予測されています。いかに環境教育というものが大切か。日本の沿岸地域の場合は温暖化で1m海面が上がっただけで 、高潮、津波の危険地域 が、約4割も拡がるのではないかと予測されています。そうなると日本は砂浜のほとんどない島国に変わって しまうかもしれません。だからこそ我々市民がそれぞれ環境教育により環境問題への意識を高めて、環境に配慮した生活がしっかりとできるように、高齢者も子供も環境教育や環境学習を進めることが大切になるのです。いきなり地球規模でことは動きません。千里の道も一歩から...。

Copyright © 2007 環境教育